Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

タテ型マシニングセンター MCV-410Ⅱ     (複合加工、精密切削加工、 量産加工)

login

設備紹介

タテ型マシニングセンター MCV-410Ⅱ     (複合加工、精密切削加工、 量産加工)

タテ型マシニングセンター

タテ型マシニングセンター MCV-410Ⅱ     (複合加工、精密切削加工、 量産加工)

810*460     NT50
OKK  MCV  SPEC
810*460 NT50  複合インデックス装備

マシニングセンタの中で一番の古かぶ機械
導入は1986年 当時としては先端の設備だと思うのですが
時は立ち 若者機械に印籠を渡して隠居するレベルですが
いやいや大事に使えば今でも現役で活躍してくれています。

スピードでは若いものにはかないませんが 機械構造が違います。
がっちりした主軸 厚い摺動面 そしてインデックスという新たな
機能を追加して 進化を続けています。

他の機械ではできない 
ワンチャッキング複合面加工を行い
複数面での位置精度が欲しいフライス加工では
なくてはならない存在です。